平塚共済病院 看護部

看護部トップページ
病棟紹介トップページ

A7病棟

呼吸器内科
img
肺炎、肺がん、慢性閉塞性肺疾患などの患者さんを急性期から終末期まで幅広くケアしています。

呼吸器内科病棟には、肺炎・肺がん・慢性閉塞性肺疾患の患者さんが多く入院し、急性期から終末期まで幅広い病期を対象にケアしています。呼吸器疾患などに発症しやすいせん妄ケアと緩和ケアに特に力を入れ、看護の専門性を発揮しています。患者さんの“その人らしさ”を大切に、患者さんの意志を尊重したケアを提供できるよう多職種と連携しチーム医療を実践しています。(呼吸サポートチーム、緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、せん妄ケアチームなど)
退院後も継続する抗がん剤治療を受ける患者さんや、在宅酸素療法を導入する患者さんも多く、外来治療センターや看護相談室、訪問看護ステーションなどと連携し継続看護の充実を図っています。多岐に渡る治療やケアに対応できるよう積極的にカンファレンスや勉強会を開催しています。

Message

看護師26名、ナースエイド5名の看護職員にて、急性期から終末期までの患者さんに対して多岐にわたるケアを提供しています。私たちにできる精一杯の看護を目指し日々頑張っています。時に辛いこともありますが、スタッフ皆で支え合うことのできる素敵な職場です。



(C) Hiratsuka Kyosai Hospital All Rights Reserved.